映画の地球 音楽の気流 そして書籍の宇宙

智慧の水球に揺蕩うように生きてきたわが半生。そろそろ御礼奉公の年齢となったようで・・・。玉石混淆、13年の日本不在のあいだに誉れ高きJAPONへの憧憬を募らせた精神生活の火照りあり。

映画の地球

映画の地球 ドキュメント映画『ニュルンベルク裁判 人民の裁き』 ロマン・カルメン監督

ドキュメント映画『ニュルンベルク裁判 人民の裁き』 ロマン・カルメン監督 今年、まだ寒い時期だったがNHKで数回に分けたドラマ「東京裁判」(表題失念)があった。裁判に関わった各国の検事たちの人間ドラマで、興味深く視聴した。検事たちが当時、宿泊、…

映画の地球 バレエと映画 7 これから公開 『ポリーナ、私を踊る』

映画『ポリーナ、私を踊る』 ヴァレリー・ミュラー&アンジュラン・プジョカージュ監督 業界内発言になるような気がするが、あえて本作がバレエ映画として大変良くできている作品だし、多くの人に観てもらいたいので少々、苦言を頭にふっておく。通勤・通学…

映画の地球 バレエと映画 6 映画「ホライズン」  アイリーン・ホーファー監督

映画「ホライズン」 アイリーン・ホーファー監督 生きて伝説となる、という賛辞があるが、それに価するほどの超人的な「人間」はめったにいやしない。 テレビや映画、スポーツ界での抜きん出た才能というのはあるけれど、安易にレジェンド=伝説と冠されると…

映画の地球 バレエと映画 5 『マイコ ふたたびの白鳥』 『ロパートキナ 孤高の白鳥』

二つの注目すべきバレエ映画 来春、相次いで公開 『ロパートキナ 孤高の白鳥』『マイコ ふたたびの白鳥』 2作とも「白鳥」がサブタイトルに飛翔している。しかし、ロパートキナはサン=サーンスの「瀕死の白鳥」、マイコはチャイコフスキー=マリウス・プテ…

映画の地球 バレエと映画 4 『バレエボーイズ』『ボリショイ・バビロン』

映画の地球 バレエと映画 4 『バレエボーイズ』『ボリショイ・バビロン』 華やかに気品をそなえ、激しい跳梁と美しい静止の連鎖に満ちたバレエを映像があますことなく追い表現できる技術が完成して以降、多くの映画が生まれた。そして、この分野の映画はま…

映画の地球 バレエと映画 3 映画『pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』ヴィム・ヴェンダース監督

映画『pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』ヴィム・ヴェンダース監督 ヴェンダース監督は同時代のすぐれた創造者に対する畏敬の念が強い。 監督自身も映像を手がかりに20世紀後期から現在進行形で「現在」を鋭敏に批評してきた時代の一大個性である。…

映画の地球 バレエと映画 2 バリシニコフ主演のバレエ映画『ホワイトナイツ』

バリシニコフ主演のバレエ映画の秀作『ホワイトナイツ』そして、ヴィソツキーの歌 舞踊を主題にした映画を観る批評の視点はひとつしかない。クラシックであろうがモダンであろうが、フラメンコでも日本舞踊も同じ、インド舞踊もしかり……。描かれる舞踊が借り…

映画の地球 バレエと映画 1  ナタリー・ポートマン主演映画『ブラック・スワン』と歴代のバレエ映画

バレエ映画は大きなスクリーンで観たいものだが、仕事だから仕方がない、マスコミ用の試写室で観ることになる。気になれば公開されてから映画館で観ることになるけど、意外とそうまでして再見したいと思うバレエ映画は少ない。結論からいえば、本作『ブラッ…

映画の地球 スポーツと映画 1 カーリング主題 『シムソンズ』、『素敵な夜、ボクにください』

スポーツと映画 カーリング主題 『シムソンズ』(2006年)、『素敵な夜、ボクにください』(2007年) 映画の効用の一要素に楽しく、興味津々、観客を飽きさせず、まだ広く認知されていたないスポーツ競技のルールや、当該競技に掛ける選手たちの思い、発情、苦労…

映画の地球 ラテンアメリカの映画 10 プエルトリコの独立問題を扱った映画『テロリストを撃て!』

プエルトリコの独立問題を扱った映画『テロリストを撃て!』 プエルトリコの“良心の囚人”オスカル・ロペスのことを先日、書いた。大半の読者がロペスの存在を知らなかった。 ラテン音楽ファンには、リッキー・マルティンを筆頭にたちまち両手の指がおれるほ…

映画の地球 ラテンアメリカの映画 9 薄汚れたグリンゴを演じたジョニー・デップ 米国自治領プエルトリコへの問い 映画『ラム・ダイアリー』 ブルース・ロビンソン監督

映画『ラム・ダイアリー』 ブルース・ロビンソン監督 プエルトリコでラム酒に浸りきった日々を過ごす情けなくも薄汚れたジャーナリストの端くれ男ポール・ケンプ(ジョニー・デップ)の蘇生物語。 今日のプエルトリコ自治政府は破産政府である。ワシントン政府…

映画の地球 プーチン独裁したのロシア映画 5 t.A.T.uのポップスをBGMにしたチェチェン紛争映画『厳戒武装指令

t.A.T.uのポップスをBGMにしたチェチェン紛争映画『厳戒武装指令』ニコライ・スタンブラ監督 冷戦末期、ソ連はアフガニスタンに介入して混迷し、共産党独裁の崩壊に繋がった。 アフガニスタンの親ソ派政権を維持するための武力介入は、ソ連を疲弊させた。 タ…

映画の地球 ラテンアメリカの映画 8 映画『ボーダータウン ~報道されない殺人者』グレゴリー・ナバ監督

映画『ボーダータウン ~報道されない殺人者』グレゴリー・ナバ監督 米国の最南端、メキシコ最北端がせめぎ合うところ、そこはボーダー、国境だ。3141キロにおよぶ長大な距離だ。 ちょっと想像できない距離だと思うが、日本列島をまず思い浮かべていただ…

映画の地球 アフリカを描く 4  セネガル*映画『サンバ』エリック・トレダノ監督 移民問題は先進国の映画に潤沢な滋養を与えている

移民問題は先進国の映画に潤沢な滋養を与えている 映画『サンバ』エリック・トレダノ監督 ルーブル美術館やエッフェル塔周辺……外国人観光客が行き交うパリ界隈、ひとめでアフリカ系と判る男たちが、見栄えもせず造作もぞんざいな真鍮製のエッフェル塔のミニ…

映画の地球 これから公開 自ら解毒する性根のない作品 アルゼンチン映画『笑う故郷』 ガストン・ドゥブラット監督

自ら解毒する性根のない作品 アルゼンチン映画『笑う故郷』 ガストン・ドゥブラット監督 原題はスペイン語で「名誉市民」だが、邦題は何故か意味不明の「笑う故郷」に。本作は「名誉市民」の方が象徴的にふさわしいし、反証的なアイロニーを形成すると思う。…

映画の地球 核戦争と映画 2 映画『グッドナイト&グッドラック』ジョージ・クルーニー出演・脚本・監督 

米国、“赤狩り”時代に報道の自由を守り抜いた男を描く映画『グッドナイト&グッドラック』 ~ジョージ・クルーニー出演・脚本・監督 2005*「核戦争と映画」のカテゴリーに入れるのは少々、無理があるが、冷戦初期の゛熱戦”下における「赤狩り」時代を描いた…

映画の地球 布教と映画*マーティン・スコセッシ監督『沈黙』~カトリック諸国での反応

映画の地球 布教と映画*マーティン・スコセッシ監督『沈黙』~カトリック諸国での反応 遠藤周作の代表作『沈黙』は、江戸初期、長崎・島原地方、隠れキリシタンの住む寒村を舞台に、信仰と棄教という二元論を真正面から描いた日本文学のなかでは特異な位置…

映画の地球 ラテンアメリカの映画 6  モノクロームの美しいコロンビア映画『彷徨える河』 シーロ・ゲーロ監督

コロンビア映画『彷徨える河』 シーロ・ゲーロ監督 墨に五彩在り、という。東洋の審美眼を象徴的に要約したものだ。水墨によって森羅万象を描こうとの野心をもった東洋の画工たちは、墨で山なす緑を描き、新緑、盛夏の緑、湿潤な緑とさまざまな抒情を表出し…

映画の地球 プーチン独裁下のロシア映画 4  映画「大統領のカウントダウン」  エヴァゲニー・ラヴレンティエフ監督

映画「大統領のカウントダウン」 エヴァゲニー・ラヴレンティエフ監督(2004・ロシア映画) ソ連時代であったならば絶対に映画化されないポリテカル・アクション。共産党独裁のクレムリン首脳部は、首都モスクワで起きた反政府テロを大いなる恥辱として…

映画の地球 公開中  映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』 ジョン・リー・ハンコック監督

映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』 ジョン・リー・ハンコック監督 タイトルはなんとなく、米国のグローバル企業を指弾しつづけるマイケル・ムーアの映画のようだが、本作はドラマである。 マクドナルドを知らない日本人は絶対少数派だろうが、…

映画の地球 アフリカを描く 2 ガボン*映画『ル・アーヴルの靴みがき』

ガボン=フランス 映画『ル・アーヴルの靴みがき』 アキ・カウリスマキ監督 舞台はフランス第2の港湾都市ル・アーヴル。御大のニコラ・サルコジ大統領(ハンガリー移民2世)を旗頭にフランスは世界有数の移民社会だ。移民たちの政治的貢献はもとより、文化…

映画の地球 アフリカを描く 1 ケニア*映画『おじいさんと草原の小学校』ジャスティン・チャドウィック監督

映画『おじいさんと草原の小学校』ジャスティン・チャドウィック監督 アフリカのケニアが英国の植民地支配から苦難の戦いを経て独立したのは1963年のこと。ケニヤッタという精神的指導者の不退転の戦いよって独立は果たされた。 そのケニアが小学校の無…

映画の地球 ラテンアメリカの映画 5 ブラジル映画 『ニーゼと光のアトリエ』ホベルト・ベリネール監督 

映画『ニーゼと光のアトリエ』ホベルト・ベリネール監督 ブラジル ノーベル賞の季節ということで、その辺りから入ろう。 かつて精神疾患、特に統合失調症の患者に対して前頭葉切裁術が行なわれていた。その手術の結果、自我を奪う無気力にしてしまった。その…

映画の地球  プーチン独裁下のロシア映画 3 映画『スペツナズ ~ロシア特殊部隊』 アンドレイ・マルコフ監督

映画『スペツナズ ~ロシア特殊部隊』 アンドレイ・マルコフ監督 ロシア及び旧東欧諸国の映画を丹念に拾い上げている彩プロのDVDの一作。もともと連続テレビドラマとして制作された約45分の番組から2本選び、まとめた編集。ロシア陸軍のいわゆる特殊部隊ス…

映画の地球 プーチン独裁下のロシア映画 2 『チェチェン・ウォー』 

地球の映画 プーチン独裁下のロシア映画 2 『チェチェン・ウォー』 チェチェン紛争を描いたロシア映画のなかでは、もっともシナリオが練り上げられた作品が本作『チェチェン・ウォー』(アレクセイ・バラバノフ監督)だろう。この後に、ロシア映画における…

映画の地球  プーチン独裁下のロシア映画 1 『タイム・ジャンパー』

プーチン独裁下のロシア映画 №4『タイム・ジャンパー』 アホなタイトル、どうとでも取れるメリハリのないポスター・・・・・・を見ればB級映画で予想される範囲はできないだろうと思ってしまう。それでも観る気になったのは復活ロシアの映画界がタイム・ス…

映画の地球 公開中 フィリピン映画『ローサは密告された』

公開中 フィリピン映画『ローサは密告された』 ブリランテ・メンドーサ監督 昨年、フィリピンに誕生したロドリゴ・ドゥテルテ大統領は麻薬密売組織に対して目には目を、と力の行使によって市長時代、地元の治安を目覚ましく改善したことで頂点に上り詰めたポ…

映画の地球 ラテンアメリカの映画 3 映画『エバースマイル・ニュージャージー』

私的な歯痛体験もあって、気になるロードムービー ~映画『エバースマイル・ニュージャージー』 ダニエル・ディ=ルイス主演ということでラテンアメリカ映画の範疇で語ることを失念していた。台詞が英語で通されていることも勘違いの原因だが、これは紛うこ…

映画の地球 ラテンアメリカの映画 2 日本で最初に公開されたアルゼンチン映画『黒い瞳の女』

日本で最初に公開されたアルゼンチン映画 『黒い瞳の女』マヌエル・ロメロ監督 アルゼンチン映画について書いたついでに。最近、フィルムセンターで1939年、アルゼンチンで制作された映画『黒い瞳の女』が修復されニュープリント版の完成披露が2日のみ…

映画の地球 ラテンアメリカの映画 1 メキシコの女優エルピィデア・カリロのこと

メキシコの女優エルピィデア・カリロのこと 年の瀬、掃除も兼ねた不用品の処分をしていると、一群のVHSビデオに出会う。それは主にラテンアメリカを舞台にした米国映画で1980~90年代に制作されたものだ。すでに繰り返し観たので内容は十分、把握して…